2022.04.08 奥蓼科便り

季節の変わり目の身体の不調を通院も服薬もせずにこれで解決

冬から春の変わり目がつらくありませんか? 冬から春の変わり目がつらくありませんか?

4月といえば入社、入学や異動、進級のシーズン。
 
慣れない環境に戸惑いながらも、新しい環境にどきどき・わくわくする気持ちと、
その反面、一日でも早く慣れようといつも以上に気を引き締めていることと
思います。
 
「余裕を持って少し早く家を出なきゃ」とか
「忘れ物ないようにしなきゃ」とか
フレッシャーズでなくても必要な心掛けではありますが、
最初の印象はやはり大切ですから、
 
「落ちがないように」と気を張りますよね。
 
そんな本人だけでなく、
影ながら支える家族や
新人を受け入れる側も、
 
「早く慣れてくれるといいな」と思ってもらえるように、
いい意味で気を遣います。
 
そんな環境的な変化と、
季節の変わり目に当たる早春の3~4月は、
毎年なにかしらの不調に陥りやすい季節。
 
暖かくなってきたせいか、妙に眠くて…、
一日緊張しっぱなしで夜もなかなか寝付けなくて…、
身体が春を迎える準備が整わなくて、肩こりや冷え性、腰痛がつらくなる…、
さらに花粉症の人は春が憂鬱にさえ感じてしまうのではないでしょうか。
 
改めまして、こんにちは。
長野県奥蓼科温泉郷の山の宿明治温泉です。
 
ある機関でアンケート調査を行った結果、
 
冬から春にかけての3大不調は
1.肩こり
2.冷え性
3.花粉症
で、約80%を超える人がなにかしらの不調を感じているというので
他人事ではなく、また珍しいことでもないのだということが
わかります。
 
冬は、寒さから筋肉や関節が固くなり、暖かくなるにつれ
人間の身体も準備期間に入るのですが、そこがうまくいかないと
不調を感じてしまう、
 
つらい症状はあるけれど
毎年のことだし、時間がたてば治るから、軽くなるから、と
病院へ行かず薬も飲まない人がほとんどだそうです。
 
気温や気圧ももちろん大きく関係はしますが、
冒頭で挙げたように、慣れない環境でのストレスも大きく関係しますから
 
「仕方ない」
と我慢する人が多いのかもしれませんね。
 
気温や気圧の変化はどうにもならないにしても、ストレス解消であれば
自分でどうにかできる問題では?
 
そんな風に、一見簡単そうに思われるのですが、
驚くことに先ほどのアンケート結果では
約70%の人が
「ストレス解消法がない」
と回答しているとか。
 
ストレスは
“何か特別なことをするから”
“いつもと違うことをするから”
解消できると思われるのでしょうか。
 
「自分には特別な趣味はないから」
「そんなにお金かけられないから」
と思ってしまうと、確かに
“できそうだけどできない”ことになっているのかもしれませんね。
 
現代人はとにかく忙しいですから、
ゆっくり息を抜く余裕も、
意識してとらないと難しい…、
 
であれば、一日の中でほんの数分でも
「集中して息を抜く」
時間を持つことが重要なカギになってきそうです。
 
息抜きというのは、単純に休憩をすることはもちろんですが、
実は数分歩き回ったり、深呼吸やストレッチをするなど
身体を軽く動かすだけでも、脳の息抜きになることはご存知でしょうか。
 
これは特に、一日ほとんど座りっぱなしのデスクワークの人には効果大です。
 
ずっと同じ姿勢でいることで、筋肉が固くなりやすいですし
画面に集中することで姿勢が悪くなったり、
猫背になってしまったり、
 
眼精疲労、肩こり、いろいろ出てきますが、同時に脳も疲労を起こしています。
 
だから
効率良く仕事をこなしたい、
ミスなく集中力を持続させたい、
いいアイディアを出したい、
落ち着いて仕事をしたい、
 
というのであれば、集中した息抜きの時間をとることは必須と言っていいくらい
重要だったりするのです。
 
そして家に帰ってからも、
目を閉じてゆっくり湯船につかる、
家族に一日のできごとを話す、
軽くストレッチしてみる、
スマホなど画面から目を離して瞑想する、
 
など
オン・オフの切り替えをしっかりするようにすると
質のいい睡眠がとれることが期待できそうです。
 
これを毎日繰り返すことで
例えば
集中力がアップする、
リラックスして仕事に臨める、
体調がいい、
となれば
 
自然に
ストレスを感じにくい身体に変えることができそうですね。
 
だからこそ、ときどき
旅行に行く、
おいしいものを食べに行く、
そんな「特別感」を取り入れることで、
より効果の高いリフレッシュになるのではないでしょうか。
 
むしろ
そのために頑張れるとか、
楽しみのために、というのはモチベーションにもつながりますし、
 
「せっかく行くなら最大限に楽しみたい」
「しっかりのんびり羽を伸ばしてエネルギー充電したい」
と思うようになるのは当然ですよね。
 
明治温泉では、そんなお客様の期待に応えるために
 
昔から変わらない「明らかに治る」温泉と、
旬の地域厳選食材を使用したお野菜中心の食事はもちろん、
 
最近はスタッフの接客・サービスの質の向上に力を入れています。
 
といっても、型にはまったかしこまったスタイルではなく、
 
例えば
日本酒ソムリエが果実酒を作って提供したり
お料理のおすすめポイントを説明したり、
 
さらには今後
インターネットでは出てこない、
知られざる奥蓼科の自然や歴史の資料を置いたり、
現地でしか知ることができない奇跡の湯の力、場のパワーなど
口伝にて情報提供できるように、日本語を話せるネパール人も含め
現在全員で目下勉強中。
 
昔から変わらない時がゆっくり流れる、驚くほど落ち着く秘境の空間と、
程よい距離感で
「楽しめる」
宿のスタイルを目指しています。
 
おひとりさまでも居心地が良い、
いつでも帰ってきたくなるリフレッシュに最適な明治温泉で
ストレス解消と好奇心を満たす、
そんな贅沢を同時に味わってみませんか?
 
宿泊のご予約はこちら

 
スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ご宿泊に関しましてのお断り

トイレ・お風呂

お部屋にトイレ・お風呂はございません。
共同のトイレと温泉をご利用ください。

17時までの
チェックイン!

17時以降になりますと、夜道がとても暗いため、運転は大変危険です。
17時までにチェックインをお願いいたします。

エレベーター

エレベーターはございません、ご容赦ください。